サマータイムの概略

日本にサマータイムは不向き?

時計の針を1時間早くするサマータイムは、日本では実施されていません。
以前から議論はされているものの、日本人の意識の中では、サマータイムは日本人には不向きとの意見があります。
例えば、仕事の場面において、1時間早く終業することができて、全員が定時で帰社という形になれば良いのですが、一部の方が残業で居残っている場合、帰りづらくなってしまうというシーンがあるのではないかと思われます。
実際、現在でもこのような場面は多いとは思いますが、せっかくアフターファイブの充実を狙った場合、これではサマータイムの意味がないということです。
同時に、まだ明るいから何か新しいことをしようというよりは、まだ明るいから仕事ができるという意識が先に立つということもおおいに考えられます。
わが社は残業を一切いたしませんという会社なら、サマータイムは大歓迎でしょう。
出社が早いのは大変かもしれませんが、帰社が早くなるということで、まだ明るいうちに帰ることができるので、余暇を楽しむことができます。
しかし、朝がつらいという方にとっては、出社が朝9時から8時になります、というのは聞いただけでもつらいのではないかと予想されますが。
サマータイムは日本人全体に不向きと言うよりは、一部の方にとっては、ちょっとつらいかも?ということが言えそうですね。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.