サマータイムの概略

なぜ、サマータイムなのか

日本では定着しなかったサマータイムですが、欧米を中心とした実施国では毎年行われています。
このように毎年行われているということは、メリットの多いことなのかということでしょう。
事実、サマータイムの導入で考えられることは、明るい時間に活動することができるので、電気の節電など省エネに直結することが言えます。
特にオフィスにおける夏場のエアコン代の削減効果はかなりのものと考えられます。
一般家庭においても、帰宅をして暑ければエアコンをつけるけれど、電力消費という観点からみると、オフィスの量とは比較にならないでしょう。
又、照明についても同じことが言えそうです。
これらの省エネは、地球温暖化防止にもつながり、エコな生活の実現も期待できます。
国を挙げての地球温暖化防止を推進しており、さらに東日本大震災で大規模な節電が不可避な日本としては、再びサマータイム導入への議論が巻き起こっています。
帰宅時間が早くなることで、プライベートタイムの充実、ファミリータイムの増加ということも飛躍して考えれば、観光業界にとっても大きな効果があると考えられます。
安全面においても、夜間の犯罪防止、交通事故の件数減少という効果もあると言われています。
このように諸外国ではサマータイムによって成功している国もあるのですから、これから日本においても様々なメリットを勘案しつつ、推進をするような動きはあるようです。
もちろん、いいことばかりではないということで議論が続いています。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.