サマータイムの概略

サマータイムの導入方法

実際、サマータイムが導入されることになったら、と仮定をしてみましょう。
導入方法としては、時計を1時間進めれば良いのですが、家庭内においてはタイマーを使用している電子機器など、全て時間を合わさなければなりません。
もちろん海外に行ったときのように時計や携帯電話の時刻設定も、です。
会社などの大規模なケースにおいても、数日前からの準備も必要ですし、やっておかなくてはならないことはいろいろとあります。
導入をして数年間は混乱すると思いますが、持続をしていくうちに、そういえばということで慣例化されていくでしょう。
2011年3月に起きた東日本大震災においては、計画停電というかつてない経験をした方もいらっしゃったと思いますが、事前に時間予告があることで、停電への対処がなされていれば、大きな混乱の様子もなかったようです。
サマータイム導入という場合も、事前準備さえしっかりとしていれば大丈夫のではないかと思われます。
単に時間を進めるというだけで、電力を一番使う時間帯をずらすことができます。
そのことが、どれだけ省エネにつながるか?ということに大きな期待がかかることです。
導入方法としては、細かなことでまだまだいろいろなことがあるようですが、きちんとしたPRをすることでスムーズに導入できるのではないかと思います。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.