サマータイムの概略

サマータイムのメリット、デメリット

サマータイムのメリットはいろいろと挙げられます。
まずは時間の有効利用。早く明るくなる夏は、午前5時といっても昼間と変わらない明るさがあります。
そして、湿気の多い夏場ですと、1時間早くなることで人々の活動が涼しいうちに始められるということがあります。
その結果、照明器具などに使われるエネルギーの節約という大きな目標を立てられます。
夕方も終業時間にはまだ外は明るいですから、いわゆるアフターファイブの行動に関しても、経済効果が見込まれます。
これに関連して、サマータイム対応の家電、電波時計などの売れ行きが良くなり、その他サマータイム対応ビジネスの展開も考えられ、新たな経済効果も期待できます。
しかし、日本ではなかなかサマータイムの導入がなされないのは、デメリットも多いからということです。
主なものについては、1時間という時間設定を変えるための労力が大きいということが挙げられます。
家庭内において時計を単に進めるという単純なモノばかりではなく、大きな工場や会社などでは、サマータイムへの時刻設定などで生じるコストの部分で非常に不安を感じるという声が大きいようです。
又、夏の風物詩である花火などの催し物について、開催時間と終了時間が遅くなってしまう、という懸念もあるようです。
勤勉な国民性の日本人は、サマータイムになっても、終業時間にまだ外が明るいということで、結果として残業時間の増加も心配されているようです。
このようにメリット、デメリットが交錯する中で、日本としての指針が固まらないのは、まだ多くの人にとってデメリット観が大きいからということも言えそうです。
節電が叫ばれている昨今こそ、サマータイムの導入に賛成な方、反対の方のそれぞれの意見の声が大きくなってきたような気がします。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.