サマータイムの概略

サマータイムへの議論

これまで日本ではサマータイムについての議論はなかったわけではありません。
諸外国でのサマータイムの導入の成果を鑑みつつ、日本においてのサマータイムの必要性については、機会あるごとに議論が続けられてきました。
今年、サマータイムの話題が表面化してきたのは、2011年3月に起きた東日本大震災の際の原発事故を受けてのことですが、政府としては依然慎重な態度を続けています。
夏場の電力不足に対応のため、一部企業の間では、サマータイムの導入が検討され始めていています。
それに対して、政府の見解としては、企業単位のサマータイムの導入は歓迎しているものの、労働環境への影響を配慮しつつ期待はしているものの、国全体としてのサマータイムの導入については、コストがかかることなどを理由に否定的な考えを表明しています。
ここにきて改めてサマータイムの導入に関しては、国単位での実施については、足踏み状態といった感がありますが、このような政府の否定的な見解を前にして、現在は民間レベルで企業間のサマータイムの導入の是非についての議論にとどまっています。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.