サマータイムの概略

サマータイムは健康に悪い?

節電を考えている日本にとっては、サマータイムの導入は、エアコンの消費電力を削減、アフターファイブの有効活用などメリットが多く取りざたされています。
しかし、なかなか実施に踏み切れないのは、いくつかのデメリットがあるからだと言われています。
その一つに健康への影響が指摘されています。
サマータイムでは、時計を1時間進めます。
これはつまり、起床時間も1時間早くなるということです。
サマータイムの導入にあたって、多少手間はかかるものの機械類は時間設定などを変更することで簡単に済ませられることができますが、人間の体ともなると中々そう簡単にはいかないというわけです。
一番支障があると言われているのは、睡眠と起床の関係です。
時計が1時間進んだことによって、1時間早く寝て早く起きなくてはならないことになります。
これは、短期間のものであれば一時的なリズムの調整で済みますが、体がサマータイムに慣れるまでのストレスを考えると、体調不良を訴える方が増加しても不思議はないでしょう。
人間の睡眠のリズムが狂うことによる健康被害は計り知れないということなのです。
サマータイムの導入が人体に思わぬ影響を及ぼすということは予想には過ぎないのですが、医学的見地からは早くも懸念の声が出ているのです。
日本でサマータイムの導入についての実施について慎重なのは、このほかにもデメリットがあるのですが、健康に不安があると言われたのでは、ちょっと不安な面もあります。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.