サマータイム導入でこうなる 仕事編

サマータイムで仕事はこうなる

サマータイムが日本で導入されたとしたら、仕事の様相が大きく変わります。
もちろん仕事内容はそのままだと思いますが、始業時間と終業時間がそれぞれ1時間ずつ早まります。
と言うことは、出勤時間も帰宅時間も1時間早くなると思うのですが、帰宅時間については、その会社によります。
サマータイムに関係なく残業の少ない業務内容なら、多分そのまま1時間早く帰宅となる可能性がありますから、サマータイムを満喫することができます。
しかし、企業によっては、その分の残業という話になったら、サマータイムなのに?と理不尽さを感じることもあるでしょう。
サマータイムの元々の目的は、アフターファイブの充実による経済効果と退社が早くなることによる会社内の電気エネルギーなどの消費削減なのですが、かえって残業が増える危険性ももちろんありますね。これはすでに導入している国々でも実際に起きていることのようです。
まだ実際にサマータイムは始まっていないので、早急な結論は出ませんが、そのあたりは自分の会社がどうであるかと言うことを吟味したいところです。
又、サマータイムを実際にとり入れている企業も出てきていますが、フレックスタイム制にすることで、稼働率を上げ、従業員の労働条件の調整をしているところもあります。
外食、レジャー産業は、サマータイムになることで、にわかに活気づくことが期待されます。
早くに帰宅するわけですから、当然外出をする機会も増えるわけです。
こうした業種に関しては、売上アップという面で大いに期待ができることになります。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.