サマータイム導入でこうなる 仕事編

明るいうちに退社

夏場は、日暮れが遅く19時と言ってもまだまだ明るいということがよくあります。
サマータイムが導入されることで、20時であってもまだ明るいということになりますから、定時が17時の企業ですと、昼間のような明るさの時に早くも退社となります。
まだまだ夜は長いのですから、さて、何をしようか?という気持ちになる人も多いでしょう。
当然学校などが終わる時間も早まっていますから、ファミリーでの行動が明るいうちから可能になりますし、ショッピングを楽しむのにもまだ明るいことで、長時間の外出もできることになります。
こうした事を考えると、消費意欲と言うことに関しては、かなりの効果が見られるわけです。
又、退社した会社においては、大量に消費をしている電気エネルギーのスイッチがオフになることで、省エネにもなっています。
サマータイム導入の本来の姿が、このような省エネや消費活動を活発にすることで、景気拡大の期待もかかることです。
明るい時間に退社ができるということで、時間的な余裕が生まれるということが最大の目的のサマータイムです。
それによって、日本の景気の底上げも期待したいところですが、実際にサマータイムが導入されたとしたら、企業の反応はいかに?というところですね。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.