サマータイム導入でこうなる 仕事編

サマータイム導入でこうなる 仕事編

サマータイム導入をした場合、仕事に関係することで大きく環境が変化します。
日本でサマータイムが実施されたとすると、指定のあるタイミングで時計の針を1時間早めます。
ですから、それぞれの業種によっても違いはありますが、全ての方に言えるのは、今よりも1時間全ての行動を早くしなければならないことです。
まずは起床です。
単純に始業時間も1時間早まりますから、当然起床時間も早くしなければなりません。
人々が活動する時に商売としている方々も同じく1時間早くスタートになりますが、例えば駅員やコンビニ店員、サービス業の方々も然りです。
そうして早い朝が始まります。
正直ここが一番混乱をする部分で、スタートでさえ躓かなければ、後の時間の流れは自然に任せた感じでしょう。
次に、サマータイム導入を感じるのは帰社時刻です。
ここでは、仮に残業が無しと考えて、定時が5時の会社であれば、本来は4時の明るさで退社です。
5時退社の会社内は、エアコン、照明を全て切られて、電気エネルギーの削減と言うことになります。
時計は5時ですが、まだ4時と言うことは、どうです?時間的な余裕が生まれるのでしないでしょうか?
そこで、そのまま帰宅、自身のスキルアップのための何かの教室に通う、ショッピング…、といろいろなプランが立てられます。
ちょっとしたドライブに行こうという遠出の計画も立てられそうです。
週末ともなれば、旅行計画に余裕も生まれます。
これはひとつの例ですが、実際にサマータイムを導入したら仕事の環境や雰囲気はどう変わるのでしょうか、さまざまな角度から予想してみましょう。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.