サマータイムに期待されていること

エコ

サマータイムの導入で一番期待できるのがエコの部分です。
エコということを改めて考えると、正式にはエコロジー、エコノミーの略で、意味的にはその場に応じて臨機応変な意味の捉え方をします。
環境と経済問題は密接な関係にあり、エコロジーの面からはサマータイムの導入をした場合、消費電力の削減が大きいのではないかと思われます。
夏の朝の明るい時間に活動を始める(時計を1時間進める)ことで、会社の退社時間なども同じく1時間早くなれば、照明やエアコンの消費電力が大幅に削減できる、これこそエコになります。
2011年3月に起きた東日本大震災の際に起きた原発事故を受けて夏の電力不足を心配する声が聞こえる今、この消費電力の削減が可能なサマータイムを導入しようという議論が浮上しています。
またエコノミーのエコで考えると、アフターファイブの充実というメリットが期待されています。
退社時間が1時間早まりますから、その分消費意欲が高まるとも見方があります。
ショッピング、外食、外出といった機会が増えることで財布のひもも緩むのではないかと考えられています。
こうした2つのエコから見えるサマータイムの導入のメリットがありますが、もちろんデメリットもあるかにらこそ未だに実施に至らないのでしょう。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.