サマータイムに期待されていること

時間の有効活用

朝が早い北海道では、真夏になったら午前3時になると明るくなり始め、4時前には完全に太陽が上っています。これは日本の中で最も北海道が高緯度にあるからです。
冬では朝6時でも暗いときもあることを考えれば、夏時間と冬時間があってもおかしくないと思うサマータイム賛成派の意見もわかるような気がします。
現在9〜18時に勤務時間を1時間前倒しするサマータイムを導入したとしたら、8〜17時の勤務になります。
朝8時からの勤務は、外の明るさは全く問題ありませんし、エアコンが必要な地域であれば、朝早い出社では、会社でのエアコンの消費は少なくなります。
ということは、消費電力に関しては削減が見込まれます。
そして、帰社時間が17時の定時になるということは、その後の時間を有効活用することができます。
買い物へ行く、家族で過ごす、外出をするというのも良いですし、家でゆっくりと休養というのは、健康のためにプラスになると考えられます。
時間を有効に使うという面では、明るいうちに動き出し、明るいうちに仕事が終わるというのは、とても有意義なことではないかというのが、サマータイムの導入を勧める理由です。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.