サマータイムに期待されていること

経済効果

サマータイムの導入による経済効果を考えた場合、活動時間内に明るい時間が1時間増えることになります。
外が明るいということで、外出の機会がぐっと増えることにより、人々は帰宅後に使う消費活動も盛んになると考えられます。
例えば、娯楽・レジャー・外食などの出費が増えると考えられています。
家族がそろう時間が増えることで、一緒に何かをやろうという時間も増えますから、出費の単位も家族単位ということになる可能性も高くなります。
特に、産業別に考えると、サービス業への経済効果が見込まれます。
人々が外出をするための施設の充実がなされることにより、産業の充実が見込まれ、雇用促進なども考えられます。
しかし、これはあくまでもサマータイムの導入により、残業などをしなかった場合のことです。素直に定時帰社となることで生まれる経済効果です。
サービス業の景気促進は人々が外出可能になるからであり、サマータイムの導入をしても帰社時間が変わらないということになると、このような経済効果は見込まれないということになります。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.