サマータイムに期待されていること

地域社会の活性化

サマータイムの導入で、明るい時間の有効活用と考えた時に、消費活動とともに地域における活性化が見込まれています。
明るい時間に余暇で楽しむだけではなく、自治体単位、町内会単位での活動ができるようになります。
今まで休日に行っていたことが、規模は多少縮小したとしても、平日の夕方からの活動ができることにより、地域住民が集まる機会が増えることにより、地域のコミュニケーションが盛んになります。
このことは、年代を超えた活動を行うことによる住民の結束力が高まることになります。
隣にどんな人が住んでするかわからないというような社会ではなく、昔ながらの向こう三軒両隣的な地域のネットワークを取り戻すことが出来るかも知れません。
2011年3月に起きた東日本大震災の時に、人々の支えになったのは、地域におけるネットワークがあったからだという方もいらっしゃいました。
このような災害時においても地域活動の活性化は、人々が生活をする上で、とても大切な絆となることも多いようです。
サマータイムの導入で、こうした地域の方々が集う機会が増えるということにより、地域力が高まるのではないかと考えられます。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.