サマータイムに期待されていること

脱原発?

サマータイムの導入に期待することと原発の問題と言うのは、実は密接な関係があると言えるでしょう。
2011年3月に起きた東日本大震災では、予想もつかないような原発の大事故が起こりました。
放射能が外に漏れ出すという最悪な結果となった今回の事故では、脱原発の声も多く聞かれるにようになりました。
そのこととサマータイムの導入は、夏の日の長い時間に、電気を使わない時間を少しでも多くしようということで、時計の針を1時間進めるのです。
そうすることで、1時間早く終わるはずの退社時間によって、会社そのもので使う膨大な電気の消費量を大幅に削減しようというのが本来の狙いです。
そうすることで、原発に頼ることなく電気を供給できるのではないか?と考えることができます。
と言っても、現在日本には数か所に原発があり、実際にそこから供給される電気に頼っているのが現状です。
サマータイムの導入で脱原発が現実可能なのかというかということは、数字的には測ることができないことです。
ただ、少なくとも夏の電気消費の削減にはつながるとの見方もあり、民間企業の中では、この夏からの会社単位でのサマータイムの導入を決定しているところもあります。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.