サマータイムに期待されていること

サマータイムに期待されていること

サマータイムとは、時計の針を一時間早くすることで、明るい時間を有効利用し、節電と余暇の充実を期待されます。
仮に、夏の時間を1時間早めたとしたら、明るい時間に帰宅が可能です。
誰もいなくなった会社やオフィスでは、エアコンや照明も切ることになります。
このこと自体即節電になることから、大きなオフィスなどではその消費電力の削減も膨大です。
家庭においても、起床が1時間早くなることで、就寝時間も当然早まることでしょう。
それによって、電気を使う時間が減るだろうとの公算があります。
別の観点からは、消費の活性化にも期待がかかっています。
明るい時間に帰宅ができるので、それから外出をすることで、消費をする機会が増加します。
本来なら休日に出かける予定が、サマータイムの導入によって、夕方の明るい時間にショッピングや外食を楽しむことができ、消費意欲が沸くと考えられます。
こうした節電と余暇における消費の活性という2つの大きな観点から、サマータイムの導入には大きな期待がかかっていると言えそうです。
日本で実際にサマータイムの導入が始まったとしたら、人々の生活スタイルも一変することでしょう。
夏の夕方に遊べる新しいスポットなどが増え、観光業界などの活性化も見込まれます。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.