日本のサマータイム

計画停電とサマータイム

2011年3月に起きた東日本大震災では、東京電力管内の原発が大きな被害に遭い、電力の供給が困難になったことから、東京電力管内に置いて、史上初となる計画停電の実施に踏み切りました。
決定から実施までもあっという間の出来事に、人々の暮らしは大混乱をきたすことになります。
停電の経験は、大人であれば経験があることですが、一時的なものであり、生活そのものに支障はないのですが、計画停電と言うことで、事前に停電をすることが分かっていても、いざ電気が来ないということに、不安を感じたり、改めて電気がないと不便な生活になるということを実感なさったのではないでしょうか?
そこで、計画停電をしなくてはならないほど、電力の供給が厳しいのなら、何か省エネ対策をしなくてはならないということで、持ちあがってきたのがサマータイム導入です。
時計の針を1時間進めることにより、それぞれのライフスタイルの変化が出て、夏の涼しいうちからの活動をすることで、エアコンにかかる電気エネルギーの削減などが大きな目的です。
まだ涼しい朝のうちに活動を始めることで、消費エネルギーを少なくできるのではないかという目論見があります。
計画停電を経験なさった方なら、このサマータイム導入をしてでも省エネをすべきと思われる方も多かったのではないでしょうか?
計画停電は短期間の事でしたが、たった1ヶ所の原発事故によって、多くの方の電気にかかわる生活が不自由するということが良く分かった出来事でした。
国としてのサマータイムの導入の実施はありませんが、電気エネルギーの消費に危機感を持った大企業の工場などでは、これがキッカケとなって企業単位でのサマータイム導入をし始めた所もあります。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.