日本のサマータイム

原子力発電とサマータイム

日本は原子力発電に頼らなければならない「原発依存国」のひとつです。
資源のない日本は、自国でのエネルギー採掘は困難である一方、経済大国であることから莫大なエネルギーを必要としています。
ただし、石炭などは掘り起こせばまだ存在し、ダム建設を行うことで水力発電、火力発電も可能ですが、ここ最近のエネルギーの流れは一部の反発はあるものの原発の建設が優位に立っていたと言えます。
今まで大きな原発事故が起きなかったということが推進派の根拠ともなっていましたが、2011年3月の東日本大震災における原発事故は、改めて原子力発電の存在そのものを問う問題となりました。
原子力発電そのものは、電気を起こすのに二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーとして、地球温暖化防止に一役買っていますし、火力発電や水力発電のような大掛かりな工事も必要ありません。
ただ、放射能漏れだけが心配ということなのですが、今回の原発事故では、この放射線漏れも確認されたことから、原子力発電の怖さも知ることになりました。
そこで、少しでもエネルギー消費の削減をするために、夏の日の長い間だけ、サマータイムを導入して、国を挙げての省エネ対策をという声が高まっています。
サマータイムは、時計を1時間進めることにより、人間の全ての行動が1時間早まります。
夏ですから、明るさに関しては申し分ありませんし、明るいうちに帰宅ということになりますと、会社単位で使う電気にかかる消費エネルギーが大幅に削減可能になります。
原発反対の声が高まる中で、一方的に必要ないというのではなく、まずは節電を心がけてみようというのが、冷静な識者たちの意見です。
サマータイム導入にかかるコストなどを考慮すると、国としても簡単にYESとは言えない状態です。
ただし、これからのエネルギー問題、原子力発電のあり方を考えていくのなら、国を挙げての省エネという面は、重要な議題となるのは必至です。
ですから、これからの日本におけるサマータイム導入についての話は、今後さらに本格的に浮上してくるでしょう。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.