サマータイム導入でこうなる 生活編

夜の一人歩きが安全に

本来の午後8時は、すでに日も暮れて外は暗くなっていますが、サマータイム導入後の夜8時はまだ明るい時間帯です。
人々の多くが活動している時間帯で、天候によっては室内の照明も必要がないほどの明るさの時もあるでしょう。
そんな夜8時の一人歩きは、明るいというだけでも安全度は高まります。
本来の時間帯は夏の午後7時ですから、まだ夜と言うには早いという感覚です。
女性でも、子供にしても、一応の一人歩きはまだ大丈夫な時間帯とみて良いでしょう。
夜に起こる犯罪は、暗く活動している人がいない場所で起こるもので、そこを歩かなくてはならない必要性のある人が犯罪に巻き込まれる場合が往々にしてあります。
サマータイムを導入した国では、その期間の犯罪件数が減ったと言われています。
やはりこれは、暗いはずの時間帯が、時計を1時間早めるサマータイムの導入によって、安全な明るい時間帯になったからという説明が付きます。
こうしたことから、サマータイムを導入した場合、その期間においては、比較的安全な夜の一人歩きが可能になると見て良いでしょう。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.