世界のサマータイム

世界各地の「夏時間」

具体的に、世界にはどんなサマータイムがあるのでしょうか。
サマータイムと一口に言っても、実施しているそれぞれの国々では色々な呼称があり、その取扱いもさまざまです。
サマータイム実施国のひとつであるアメリカは東西に長い国というイメージがありますが、実は南北にも長いという特徴があります。そうです、北極圏に接するところにアラスカ州があるからです。緯度が高いほどサマータイムのメリットが大きいので、アメリカの中ではアラスカ州が最もサマータイム向きな地理条件にあると言えます。アラスカのサマータイムのことをAlaska Daylight Timeと言って、AKDTと呼ばれます。
次にご紹介するのは、英国夏時間(British Summer Time)と呼ばれるイギリスのサマータイムです。イギリスは地理的に西ヨーロッパに属しており、この周辺で行われている西ヨーロッパ夏時間と同じサマータイムを実施しているのですが、そこはやはり大英帝国の伝統を重んじて、イギリス国内では英国夏時間という別の名称を設けています。
欧米での導入という印象が強いサマータイムですが、アフリカでも実施している国があります。その中でも西アフリカ夏時間と呼ばれるサマータイムは、その地域で実施している国がナミビアしかないものの、周辺地域のモデルとなるサマータイムとなっているので、西アフリカ夏時間(WAST)として設定されています。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.