世界のサマータイム

世界のサマータイム

世界では約70カ国がサマータイムを導入しています。
4月になると、一斉に夏時間となり、その国(州)単位での時間が1時間早まります。
既に、サマータイムに慣れてしまっている国では、当たり前のように時計を進めていますし、日本においても国際的な交流がある場合も、時差のズレを考慮しての経済活動などを行っています。
それぞれのサマータイムを導入している国は、夏時間、冬時間と区別をつけることで、支障も特別ないようです。
かえって、夏時間になることで、余暇を楽しみ、夏の太陽をたくさん浴びて充実した1日を過ごしているということもあるようです。
せっかく早くに太陽が昇るのだから、1時間時計を進めることでより太陽の恩恵を受けようということと、電気消費削減という省エネの目的もあります。
ただし、最近はロシアでは、長年続いたサマータイムの廃止を決定しました。
国民の健康不安を心配しての対応ですが、1時間の時計のずれが健康に対して大きな影響を与えるというのが大きな理由です。
日本においては、電子機器の時間設定にかかる手間が大きいというのもサマータイムの導入の足かせになっていることもあり、省エネの面では大いに期待はできるものの二の足を踏んでいる状態です。

サマータイムの概略 | サマータイムに期待されていること | 世界のサマータイム | 日本のサマータイム
サマータイム導入でこうなる 仕事編 | サマータイム導入でこうなる 生活編 | サイトマップ

Copyright (C) 2011 SUMMER TIME PERFECT NAVI All Rights Reserved.